フィリピン留学、オーストラリア2カ国留学専門エージェント
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
LINEで無料留学相談
お電話で無料留学相談
LINEで無料留学相談

ドゥマゲッティ

「紳士の街」、優しさが溢れる都市「ドゥマゲッティ」

ドゥマゲッティは人口約13万人、フィリピン南部にある4番目に大きな島、ネグロス島にある都市です。
マニラやセブ島から飛行機で1時間ほどで訪れることができるため、徐々に日本での認知度も高まっているドゥマゲッティは、ダイビングスポットが近く、フィリピンの地方都市としてはめずらしく欧米人が多く集まっているエリアでもあります。

そんなドゥマゲッティは「紳士の街」として有名で、「City of Gentle People(紳士の街ドゥマゲッティ)」というスローガンを公式的に掲げています。
そのため、ドゥマゲッティの人々はとてもフレンドリーで優しい人が多く、また田舎寄りの都市のため、人々の印象もかなりのんびりとしていて大変生活しやすい雰囲気です。
もしも留学生活の中で困ったことがあっても、街ですれ違う人に気兼ねなく相談しやすい環境は、フィリピンだけではなく、その他の国でも珍しいですね。

またドゥマゲッティは、世界的な経済誌フォーブスで「移住したい都市ランキング」上位にランクインしたこともあるほど有名な都市で、フィリピンの地方都市としてはめずらしく西洋人も多く見かけます。
美しい海が近くにあり、ダイビングをすぐに楽しめる環境で、長期滞在や移住者も多く、街中には欧米人経営のレストランがたくさんあります。

ドゥマゲッティってどこ?

自然が豊かなドゥマゲッティ

ドゥマゲッティはネグロス島の南東部にある都市で、ネグロス島はサトウキビ栽培が有名なエリアでもあります。
セブ島やマニラから飛行機で1時間ほどでアクセスができるドゥマゲッティは、4つの大学が密集する学園都市のため「若者の街」とも言われ、センスのいいカフェや飲食店が海沿いに立ち並んでいます。

また学校周辺には、レストラン、カフェ、ジム、コンビニ、マッサージショップ、名門私立大学病院などがあり生活に困ることはほとんどありません。
さらにタクシーで約10分程度の場所には、映画館や大型ショッピングモール(ロビンソン)もあります。

まだまだ日本での知名度は低いですが、週末にはダイビングライセンスを取得することも可能で、山、川、滝などの自然が好きな方にはぴったりなエリアです。

また仕事リタイア後に住みたい街で5位にランクインしたこともある隠れ名所でもあります。

ドゥマゲッティへのアクセス

日本からドゥマゲッティまでの直行便がないため、マニラかセブから国内線を使ってドゥマゲテ・シブラン(Dumaguete-Sibulan)国際空港まで向かいます。

東京からは、

  • フィリピン航空
  • 全日空
  • 日本航空
  • キャセイパシフィック航空

などから出ています。

トータルの所要時間は9~15時間ほどで、往復料金は約5万円~8万円が相場です。
シブラン空港は小さな空港ですが、空港にはセスナ機もあり、シキホール島までチャーターすることもできます。
一般的な空港からドゥマゲッティ市内までの交通手段は、トライシクルかシャトルバンとなります。

・トライシクル:市内中心地まで所要時間15分〜20分、料金は100ペソ〜150ペソ(200円~300円)

・シャトルバン:市内中心地まで所要時間約15分、料金は500ペソ〜600ペソ(1,000円~1,200円)

ドゥマゲッティ留学のメリット

温和な人が多く治安が良い

ドゥマゲッティはフィリピンの中でもローカルなエリアですので、観光客を狙ったスリやひったくり犯罪もほとんどみられず、かなり治安の良い街です。
セブ島やマニラではありえませんが、ドゥマゲッティなら財布や携帯を落としても戻ってくるケースがあるほどです。

街中を歩いていても危ないと感じることはほとんどなく、また道路もしっかり舗装されているので、景観と合わせて、日本の片田舎を歩いている感覚と変わりありません。
娯楽施設も少なく落ち着いた雰囲気が漂い、もちろんスリやひったくりといった軽犯罪に注意は必要ですが、バコロドでは夜道の女性一人歩きもできるくらいの治安の良さを感じます。
女性の留学やシニア留学、親子留学にもおすすめのエリアです。

また、先述の通り、現地の人も紳士で優しい人が多く生活しやすい雰囲気の都市で、日本でも観光地としてはもちろん、留学先としても人気の都市になりそうです。

南国のような雰囲気と景観

ドゥマゲッティはセブとはまた一味違う南国な雰囲気があり、世界レベルで有名な都市となってきています。
日本では観光地としてあまり知られていませんが、ダイビングスポットも多くあり、ダイビング目的の観光客も多く集まってきます。
沖合にあるスミロン島やアポ島、シキホール島なども有名で、さまざまな種類のサンゴや魚がいるので、シリマン大学の水中生物保護地域にもなっています。

また、ドゥマゲッティは景観を大切にしており、ゴミを捨てると罰金を払わなければいけないというルールがあるので注意しましょう。
西洋風の建物や清潔感がある街並みはフィリピンらしさは少ないかもしれません。

観光だけではなくアクティビティも楽しめる

ドゥマゲッティ周辺の海はとても綺麗で、ダイビングツアーやシュノーケル、ドルフィンウォッチングやマングローブ鑑賞を楽しむことができます。
またダイビング関係の店も点在しているので、ダイビングライセンスを取得することも可能です。

他にも海以外の観光として滝や鍾乳洞、山などアクティビティが満載です。

シキホール島


ドゥマゲッティからフェリーで45分~1時間半くらいで行けるシキホール島は、伝統的な黒魔術で有名なミステリアスな島です。
洞窟探検やウォーターホールなどのアクティビティも楽しめ、冒険気分を味わえます。

アポ島


ドゥマゲッティから定期船で行くことのできるアポ島周辺は、ウミガメや熱帯魚のような綺麗な魚たちが見られるエリアとして有名で、シュノーケルやダイビングにおすすめです。

運が良ければウミガメと一緒に泳ぐこともできるスポットして人気な観光スポットです。

安定した気候で生活がしやすい

気候はセブ島と同様、一年中穏やかで晴れの日が多い印象で、湿気が日本より少ないのでカラッとしています。
一方、セブ島やマニラ、バギオといったフィリピン留学に人気留学先では、乾季と雨季がはっきりしており、特に雨季には台風が通ることもままありますが、ドゥマゲッティがあるヴィサヤ地方では台風の被害を受けることが少なく快適に生活できます。

学園都市で英語水準が高い

ドゥマゲッティは有名な私立大学や公立大学が数多くあり、人口の約30%が学生で占められています。
100年の歴史を持つ有名なシリマン大学もドゥマゲッティにあり、教育機関や学生の多さから学術的な雰囲気が街にあふれています。
またフィリピンの中ではもっとも英語水準が高いと言われており、英語講師の発音も綺麗で、質の高い講義を受けることが可能です。

また、ドゥマゲッティは世界的に住みたい町として注目が集まっており、街中でネイティブを見かけることもかなりあります。

日本人が少ない

ドゥマゲッティはまだまだ留学先としての知名度が高くなく、観光都市ではないため、日本人が非常に少ないです。
語学学校にいる日本人留学生の数も他の地域と比べると圧倒的に少なく、「なるべく日本語を使わない環境に留学したい」という方にとって最適です。

ドゥマゲッティ留学のデメリット

遊びのスポットが少ない

ドゥマゲッティは大都市のマニラやセブに比べると田舎ですので、クラブやバーなどのナイトスポットは当然少ないです。
もちろんそれらが治安の良さにもつながっていますが、長期の留学の方や遊びも満喫したい方は物足りなく感じるかもしれません。

しかし近辺に観光スポットは多いので、自然の中のゆったりとした雰囲気の中で勉強に取り組みたい人にはオススメのエリアです。

日本からのアクセスがしづらい

日本からドゥマゲッティまでは直行便が無いため、マニラかセブから国内線に乗り換えてドゥマゲッティまで向かうことになります。
また、市内の交通もタクシーが無いため、乗り合いバイクのトライシクルを使用します。

ドゥマゲッティの気候

ドゥマゲッティは、1年を通じて温暖でとても過ごしやすい地域で、年間の平均気温は28℃とかなり高いですが、日本ほどジメジメとした暑さではありません。
南国特有のスコールが降ることもありますが、1~2時間降った後は、さっきまで降っていた雨が嘘のようにカラッと晴れ、気持ちよく過ごせます。
2月~4月の乾季に入るとカラリとした晴天が続き、暑い日になると34℃を超えることもあります。

11月~5月の乾季は雨はほとんど降らず天気が安定しているため、留学にはこのシーズンを中心にスケジュールすることをおすすめします。

  • 12月~4月:乾季
  • 5月~1月:雨季

オススメの服装

上記の通り非常に安定した気候ですので、服装は年間を通じて日本の夏服でほぼ問題ありませんが、屋内と屋外では大きな気温差があったり、時期によっては1日のどこかで1~2時間もの間集中的に強い雨が降るスコールがあったりするので、長袖や羽織り、雨具などは持っておくと便利です。

また、暖かい日が多いため、ホテルやショッピングモール内は基本的にエアコンが効いています。
人によって少し寒く感じられるので、スコールない時期にも羽織りなどは重宝します。

ドゥマゲッティの生活について

交通機関

ドゥマゲッティでの主な交通手段は、ジプニー(乗合バス)やトライシクル(バイクにサイドカーをつけた乗り物)が挙げられます。

インターネット環境

フィリピンの回線は日本と比較してしまうとあまり早くありません。
留学中でもインターネットを利用したい方は以下のような方法がありますので、メリット・デメリットをご紹介します。

・現地のフリーWi-Fi利用
メリット:お手軽でコストなし
デメリット:遅い、セキュリティが不安、ほぼ室内のみ

・現地でWiFiルーター購入
メリット:中長期の滞在者であれば比較的コストを抑えられる
デメリット:現地での手続きが必要、端末購入のため短期だと割高になる場合もある

・出発前に日本でWiFiルーターレンタル
メリット:現地で面倒な手続き必要なし、比較的快適に使える
デメリット:常に持ち歩く必要があるので、場合によっては充電器も必要

・SIMフリースマホに現地購入のSIMを挿入
メリット:日本と同じ状態で利用可能、比較的コストを抑えられる
デメリット:現地で手続きが必要、SIMフリースマホ必須

物価

ドゥマゲッティは、大都市マニラや人気観光地のセブに比べて物価がかなり安いです。
トライシクル(4人乗りバイク)は30~150ペソ(60~300円)
ジプニー(乗り合いタクシー)は10ペソ(20円)
ほどで利用できます。

他の都市に比べて、生活費を2~3万円/月ほど安く抑えることが可能です。

  • 食事:約50円〜
  • 高級レストラン:約1500円〜
  • 日本食:約600円〜
  • ビール:約80円〜

※1ペソ=2円計算

ドゥマゲッティのまとめ

ドゥマゲッティは治安もよく気候が落ち着いているため、快適な留学生活が送れます。
また、まだ日本人にはあまり知られておらず、自然豊かな静かな環境で語学に集中することができるエリアです。
しかし、治安良し、立地も便利、人も優しい、そしてセブやマニラからの交通も良しと魅力がいっぱいですので、今後日本でも留学先として注目されるのは間違いなしです。
日本人が少ない今のうちに留学しておきたい都市です。

そんなドゥマゲッティの特徴として、

  • フィリピン国内でも有数の治安の良さ
  • のどかな田舎で自然も多い
  • 田舎と都市のバランスがよく、生活には困らない
  • 観光スポットも近く、息抜きもしやすい

などが挙げられます。

一方で、

  • アクセスがしづらい
  • 遊ぶ場所がない

などのデメリットもありますので、しっかりと事前の下調べが必要です。

初めての留学の方や治安が心配な方、のんびりした街でしっかり勉強がしたい方にぴったりな都市です。

\ フィリピン留学について /まずはお気軽にご相談ください
フィリピン留学.netはフィリピン留学・オーストラリア2カ国留学を専門にサポートしている留学サポート機関です。
フィリピン各都市への短期・長期留学、オーストラリアへのワーホリ渡航、(学生・ワーホリ)ビザ申請サポート、ホームステイ手配、銀行口座開設、お仕事サポートなどの渡航前サポートから現地サポートまで一貫して無料手配いたします。

キャンペーン

無料留学相談
お問い合わせはお気軽に