フィリピン留学、オーストラリア2カ国留学専門エージェント
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
LINEで無料留学相談
お電話で無料留学相談
LINEで無料留学相談

日本の食材も豊富!フィリピンのスーパーマーケットを上手に使おう!

「スーパーマーケットは買い物に行くところ」という認識の人が多いのではないでしょうか。

自分の生活圏内だとそう思ってしまいますが、海外だと面白い発見がたくさんあります。

    • どんな食材が売られているのか
    • 日本と比べて物価は安いのか高いのか
    • 日本と違う部分はどこだろう

海外のスーパーマーケットを知ると、その国の人たちの生活や文化を感じることができます。

また、お土産が安く買えてお得です。

この記事ではフィリピンのスーパーマーケットの魅力と注意点についてご紹介します。

現地のローカルな屋台やショッピングモールも楽しいですが、スーパーマーケット安く楽しく上手に利用しましょう。

フィリピンのスーパーマーケット

フィリピンには有名なスーパーマーケット(=以下スーパー)がいくつかあるのでご紹介します。

また、大型ショッピングモールの中には基本的にスーパーもあるので合わせて楽しむのもいいでしょう。

SMスーパーマーケット

巨大なショッピングモールでも有名なSMグループが運営しているSMスーパーです。

フィリピンでは圧倒的なシェアを誇り、豊富な品揃えとリーズナブルな値段設定で日々現地の利用者で賑わっています。

METROスーパーマーケット

(Google Map)

現地ローカルの人たちに人気のMETROスーパーです。

こちらも品揃えが良く、日本の食材も売っているので日本人利用者も多く訪れています。

ランドマーク

(Google Map)

中間層向けのスーパーでショッピングモールの一階にあります。

輸入食材も豊富にあり、店内も広く落ち着いた雰囲気です。

Rusutan’s’(ルスタンス)

(Google Map)

フィリピン国内で最も高級なデパートで、富裕層向けに展開されています。

現地の人向けというよりは日本人駐在員のメイド外国人の人たちの利用者が多いです。

日本の食材も手に入る!

フィリピンのスーパーは日本からの留学者はもちろん、観光客や仕事でフィリピン在住の人も多いため日本の食材も売られています。

日本食を自炊したい人には大変ありがたいですね。

METROスーパーやランドマークでは広い日本食コーナーを目にします。

しょうゆ、みりん、ほんだし、酢、味噌、などの調味料から、ふりかけやたこ焼き粉、かつおぶし、わさび、海苔、インスタントラーメン、日本米など、あると嬉しい日本の食材が豊富です。

値段は輸入品のため日本の2倍くらいしますが、フィリピンでも買えると思うと安心ですね。

現地で仲良くなった友人に日本食を作ってあげるとコミュニケーションも取れ、仲も深まるでしょう。

来店におすすめの時間帯

大量にまとめ買いする人が多いためフィリピンのスーパーはだいたい混んでいます

特に夕方ごろや休日は買い出しに来る人も増えるので1番ピークになるので、混雑を避けるなら昼ごろに行くのがおすすめです。

お土産をお得に買うのもオススメ

(Google Map)

海外に行ったとき、ついついお土産をたくさん買ってしまいますよね。
反面、お土産って意外と金額も大きくなります。そんなときにもスーパーではお土産屋さんよりも安く購入できるのでおすすめです。

スーパーで買える定番のお土産からローカルなお菓子までユニークなお土産があります。

ドライマンゴー

(Amazon)

フィリピンのお土産といえば1番に出てくるのマンゴーですが、生を持ち帰ることができないのでドライマンゴーがおすすめです。

バナナチップス

(Amazon)

バナナの生産地でも有名なフィリピン。

ドライマンゴーと同じくドライバナナもおすすめです。

スナック感覚で食べられるので気軽にプレゼントできます。

オタップ

フィリピンでは定番の焼き菓子で、サクサクのパイでお菓子コーナーには必ずと言っていいほどあります。

味もプレーンの他にチョコ・ウベ(紫芋味)・マンゴー味など、数種類あるので食べ比べ用に数種類買っていくのもいいですね。

テオ&フィロチョコレート

(Amazon)

国内で収穫された原材料だけでチョコレートをつくるフィリピン初のビーントゥーバーブランドです。

日本でも話題になり、パッケージもかわいく高級感があります。

フィリピンのスーパーマーケットでの注意点

(Google Map)

スーパー自体は日本と大差ありませんがよく見るとフィリピン人の習慣や文化が見えてきます。

日本ではあたりまえのことも海外では違う部分もあるので、注意点を理解して安全に利用しましょう。

とにかく待つ!

おすすめの時間帯に関連しますがフィリピンのレジはとにかく待ちます

大量に買い出しす人が多いことに加え、元々レジのスピードがゆっくりです。

レジ打ちと袋詰め係が別々なのに遅く、行列ができていても特にに急ぐようすもありません。支払いでもすぐにお釣りを切らすことも多く、他のレジに取りに行ったりと時間ロスだらけです。

また、並んでいるお客さんも「スムーズに支払いできるようにお金を準備する」人はほとんどいません。

この行列はレジスタッフとお客さんとで作られています。

国民性でもありゆったりとした性格の人が多いため、これらも文化だと割り切り時間に余裕を持って買い物できると良いでしょう。

クレジットカードは使わないほうがいい

フィリピンのスーパーではクレジットカードがあまり普及していません

そのため店員が扱いに慣れてなく、機械もカードを読み込まなかったりと支払いに時間がかかることがあります。

詳細にサインも求められるので現金払いの方がスムーズな場面も多いです。

バーコードのない商品がある

野菜や果物などバーコードがない商品は日本では手打ちでレジ打ちします。

しかし、フィリピンでは店員も値段が分からず毎回売り場まで確認しにいくようすを頻繁に目にします。

稀に売り場に行っても値段が分からないこともあり、これもタイムロスの原因です。

スリに注意

スーパーの中でもスリに遭うことがあります。

バックは前に持つ、財布やスマホをポケットに入れないなど最低限の警戒心は持ちましょう。

賞味期限に注意

日本に比べると品質管理は徹底されていません

特に肉・魚・野菜などの生鮮食品は要注意です。健康管理にも関わってくるので確認して購入しましょう。

商品の包装をチェック

包装もチェックしてください。

袋が破れていたり穴が開いていることもあります。

賞味期限と同様、健康管理に関わるのでしっかり確認しましょう。

まとめ

日本では見かけない商品フィリピン特有の文化などスーパーに行くだけでも楽しそうです。

現地のスーパーで買い物をするとその国の輪に溶け込めた感じがしますね。

フィリピンのスーパーマーケットは

  • スーパーによって値段や商品が違うのでご自身にあったスーパーを見つける
  • とにかく混むので時間帯を考えて来店する
  • お土産も安くローカルなものがあるのでおすすめ
  • 日本との違いも理解する

ローカルなスーパーや現地の食材で料理するのも留学中のいい経験です。

ぜひフィリピンのスーパーを見て感じて楽しんでください。

一緒に読みたい:

【2020年最新版】フィリピンの治安ホントはどうなの?怖い?危険?

日本と全く違う?留学前にフィリピンあるあるを知ろう!

\ オーストラリア留学について /まずはお気軽にご相談ください
オーストラリア留学.netはオーストラリア留学・ワーホリのみ専門にサポートしている留学サポート機関です。
オーストラリア各都市への短期・長期留学、ワーホリ渡航、(学生・ワーホリ)ビザ申請サポート、ホームステイ手配、銀行口座開設、お仕事サポートなどの渡航前サポートから現地サポートまで一貫して無料手配いたします。

月〜金 10:00〜18:00(水曜定休)
豪政府登録カウンセラーがお電話でご相談承ります
水曜日定休日(土日祝休み)

キャンペーン

無料留学相談
お問い合わせはお気軽に