フィリピン留学、オーストラリア2カ国留学専門エージェント
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
LINEで無料留学相談
お電話で無料留学相談
LINEで無料留学相談

【現地生活費】フィリピン留学中の生活費ってどれくらい必要?

「日本よりも物価が安い」と言われるフィリピンですが、フィリピン留学をした場合どれくらいの生活費がかかるのか、事前に金額の目安を把握しておきたいですよね。

この記事では、フィリピンでの留学中にかかる生活費について解説します。フィリピン留学を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

フィリピン留学中に現地でかかる生活費は?

語学学校の授業料・宿泊費などのプログラム費用とは別に、フィリピン留学中の生活には以下のような費用が発生します。

  • 教材費
  • 水道代
  • 電気代
  • 外食費用
  • 交通費
  • 生活必需品
  • スマホ通信費
  • 空港税
  • 娯楽費

それぞれ詳しくみていきましょう。

教材費 (1,000〜2,000円)

教材費はフィリピンの学校で使用する教材を購入する費用です。

学校によって使用している教材に違いはありますが、1冊1,000〜2,000円ほどで販売されています。期間によっても必要な教材は異なるので、事前に確認しておきましょう。

水道代・電気代 (1,500〜2,000円/週)

生活する上で欠かせない水道代や電気代などの光熱費も基本的に自己負担です。

学生寮などで生活する場合は、居住人数で光熱費を分割して支払います。1週間当たりの費用が決められていることがほとんどですが、使い過ぎると追加費用がかかるので、なるべく節電するように心がけましょう。

水道・電気代を合わせた光熱費として、だいたい1,000ペソ/週 ほどが目安ですので、留学期間に合わせて準備しておきましょう。

外食費用 (平均500円/回)

外食費用も考慮しておきましょう。

一口に外食費用と言っても、何を食べるかによって費用は大きく変わります。フィリピンでの食事は大きく分けて

  • ローカルのフィリピン料理
  • ショッピングモールなどに入っている高級店
  • 日本食レストラン

などで食事をすることが可能です。

語学学校に通う場合は、基本的に食事はついてきますが、放課後や週末には友人と食事に行く機会もあります。フィリピンのローカル屋台などでは、1食100円程度から食事が可能です。また、マニラやセブでは韓国人留学生が多く、韓国料理屋の数も多くあります。サムギョプサルの食べ放題を約800円で食べられます。

現地の屋台やローカルなお店は非常に安いですが、日本人にも馴染みがあるようなファストフード店やレストランは、日本での料金とほとんど変わらないので注意しましょう。

交通費 (200〜400円/回)

エリアによっては、交通機関を多く利用する場合もあります。交通費の目安は以下の通りです。

交通機関フィリピン日本
タクシー(初乗り)40ペソ(約100円)410円
電車15ペソ〜30ペソ(約50円〜70円)120円〜
バス10ペソ〜12ペソ(約25円〜30円)210円〜

(1ペソ=2.5円で計算)

タクシーは料金の10%程のチップを追加で支払います。

留学先のエリアを確認し、どの交通手段を使う必要があるのか事前に把握しておきましょう。

生活必需品 (1,000円/月)

シャンプーやTシャツなどの生活必需品を購入する費用も必要になります。現地での生活必需品の相場は以下の通りです。

品目フィリピン日本
シャンプー100ペソ(約250円)約250円
Tシャツ100ペソ(約250円)約1,000円
サンダル100ペソ(約250円)約1,000円
20〜25ペソ(約60円)約100円
コーラ9ペソ(約27円)約120円

(1ペソ=2.5円で計算)

物価の関係で日本よりも安く生活必需品を入手可能です。衣類などは日本で準備するよりも現地で調達した方が安く済みます。

スマホ通信費 (700〜2,000円/月)

現地で利用できるSIMを購入する必要があるため、スマホ通信費が発生します。日本のキャリアではフィリピンでスマホを利用できないので注意しましょう。

フィリピンで利用できるSIMを選ぶ際は、「Globe」か「Smart」がおすすめです。

「Globe」は比較的安い料金で利用できるSIMで、料金は以下の通りです。

プラン期間データ料金
GoSURF
GoSURF 152日40MB15ペソ
GoSURF503日1GB50ペソ
GoSURF29930日1.5GB299ペソ
GoSURF59930日4GB599ペソ
GoSURF99930日8GB999ペソ
SUPERSURF
SUPERSURF1日800MB50ペソ
SUPERSURF5日800/1日200ペソ
SUPERSURF30日800/1日999ペソ

「Smart」は無料でSNSの利用枠がついているSNSで、料金は以下の通りです。

プラン期間データ料金
GIGA
Giga Surf503日1GB
+ 300MB SNS
50ペソ
Giga Surf997日1.5GB
+ 300MB SNS
99ペソ
Giga Surf29930日2GB
+1.1GB SNS
299ペソ
Giga Surf79930日4GB
+ 1.1GB SNS
799ペソ
Giga Surf99930日6GB
+ 1.1GB SNS
999ペソ
SURFMAX
SURFMAX501日800MB/1日50ペソ
SURFMAX2507日800MB/1日250ペソ
SURFMAX99530日800MB/1日995ペソ

詳しくは以下の記事で解説していますので、参考にしてみてください。

いっしょに読みたい:フィリピン2大SIM「Globe」・「Smart」のプロモ徹底比較!

空港税 (800〜2,000円)

空港税は、フィリピンの発着便に乗る際にかかる税金です。マニラ発の飛行機に乗る際、チケットを購入する時点で支払います。

国際線では約1,875円、国内線では約875円の費用がかかります。国内を飛行機で移動する可能性がある方は、事前に把握しておきましょう。

娯楽費 (10,000円〜/月)

休みの日に現地で娯楽を楽しむ際の費用も事前に確認しておきましょう。娯楽費の相場は以下の通りです。

娯楽フィリピン日本
映画150ペソ(約400円)1,900円
マッサージ(1時間)500ペソ(約1,250円)3,500円
シュノーケリング900ペソ(約2250円)5,000円
ダイビング免許取得5000ペソ(約12,500円)55,000円
ダイビング4500ペソ(約11,250円)18,000円
ゴルフ(キャディー付き)5000ペソ(約12,500円)20,000円
ボーリング(1ゲーム)150ペソ〜200ペソ
(400円〜500円)
500円
ビリヤード(1ゲーム)7ペソ〜10ペソ
(約17円〜25円)
500円

(1ペソ=2.5円で計算)

物価が安いので、映画やマッサージなどを日本よりも安い料金で利用できます。また、ダイビングの免許を格安で取得できるので、留学の際に取得することをおすすめします。アクティビティや観光を沢山したい方は、さらに費用がかかりますので、余裕を持って費用を準備しましょう。

万が一の治療費

病気や怪我になった際の治療費の準備も必要です。フィリピンでの治療費の相場は以下の通りです。

項目フィリピン日本
初診料1,000ペソ
(約2,500円)
約3,000円
入院時の個室部屋代3,200ペソ
(約8,000円)
約50,000円
虫垂炎の手術代48,000ペソ
(約120,000円)
約600,000円
骨折時の治療費4,000ペソ
(約10,000円)
約20,000円

(1ペソ=2.5円で計算)

治療費の相場は日本よりも低くなります。ただ、大怪我をした場合などには数百万円の治療費がかかる場合があります。

万が一のために、留学へ行く際には海外保険に加入しておきましょう。

フィリピン留学費用には食費や学生寮が入っている

フィリピンの留学費用には、食費や学生寮の費用が含まれているものがあります。留学先の学校や期間によって様々なプランがあるので、内容を事前に確認しておきましょう。

また、出発前に支払いが完了する費用もありますので解説いたします。

出発前に支払う費用と現地でかかる費用の整理

出発前に支払う費用と現地でかかる費用を整理して確認しましょう。

出発前にかかる費用は以下の通りです。

  • 授業代
  • 学生寮代
  • 航空券代

授業代や学生寮代などは事前に支払ってから留学に向かいます。

また、現地でかかる費用は以下の通りです。

  • 教材費
  • 水道代
  • 電気代
  • 外食費用
  • 交通費
  • 生活必需品
  • スマホ通信費
  • 空港税
  • 娯楽費

留学先の学校や期間で金額は前後します。どれくらいの予算が必要か、事前に確認しておきましょう。

まとめ

フィリピン留学では、現地滞在時にある程度の生活費がかかります。

物価が日本より安いので、食費や生活必需品が安く手に入ります。ただ、電気代や治療費は日本とあまり変わらないので注意が必要です。

事前にどれくらいの費用がかかるか確認し、留学の準備を進めましょう。

\ オーストラリア留学について /まずはお気軽にご相談ください
オーストラリア留学.netはオーストラリア留学・ワーホリのみ専門にサポートしている留学サポート機関です。
オーストラリア各都市への短期・長期留学、ワーホリ渡航、(学生・ワーホリ)ビザ申請サポート、ホームステイ手配、銀行口座開設、お仕事サポートなどの渡航前サポートから現地サポートまで一貫して無料手配いたします。

月〜金 10:00〜18:00(水曜定休)
豪政府登録カウンセラーがお電話でご相談承ります
水曜日定休日(土日祝休み)

キャンペーン

無料留学相談
お問い合わせはお気軽に