フィリピン留学、オーストラリア2カ国留学専門エージェント
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
LINEで無料留学相談
お電話で無料留学相談
LINEで無料留学相談

【フィリピンの電圧】フィリピンで日本の電化製品は使えない!?留学前に要チェック!

フィリピンへの留学を決めて、持ち物の準備をするときに注意したいことのひとつが電化製品です。

フィリピン現地に日本で使っているドライヤーやスマホ、パソコンなどを持っていきたい人も多いと思います。

しかし、日本製の電化製品はフィリピンでは使えないことがあります。

電化製品の中には、日本以外でも使えるもの・使えないもの、現地で調達した方がいいものがあります。

そこでこの記事では、フィリピンと日本の電圧の違い、フィリピンで使用するときの注意点をご紹介します。

日本とフィリピンでは電圧もプラグも違う

電圧とプラグの形は国によって違います。

「日本とはそもそもプラグの形が違い使えない」「プラグの形は一緒だけど電圧が異なるのでそのまま使えない」など、国によって大きく異なります。

まずは普段使っているプラグと電圧について説明していきます。

日本のプラグと電圧

日本はAタイプのプラグです。Aタイプ以外の国で日本製の電化製品を使用する場合は変換プラグが必要です。

そして、日本は電圧が100ボルトです。

フィリピンのプラグと電圧

フィリピンはA、B3、Cタイプの3種類です。フィリピンのコンセントのほとんどが、この3種類がどれでもさせるマルチタイプになっています。

そのため日本製の電化製品のプラグはほとんどがそのまま挿せます

しかし、フィリピンは電圧が220ボルトです。日本は100ボルトなので、大きくちがいます。

特にドライヤーなどの大型家電は、大きな電圧がかかると壊れてしまう可能性があるので充分注意してください。

日本製の電化製品はフィリピンでも使える?

プラグの形と電圧がちがうため、日本製の電化製品はフィリピンでそのまま使用できないことがあります。

電化製品が海外対応か調べる

留学前に、自分の持っている電化製品や充電器が海外に対応しているかどうかを調べてみましょう。製品の裏側や説明書などに記載があります。

最近のスマホやパソコンの充電器の多くが海外の電圧に対応しています。

海外対応でない場合は変圧器が必要

Amazon

フィリピンの電圧は日本よりも高いです。そのため、海外に対応していない日本製の電化製品をそのまま使用すると故障の原因になる場合があります。

海外に対応していない日本製の電化製品を使いたいときは、変圧器を利用します。

変圧器は家電量販店やネット通販で購入できます。

日本にいる間に準備できた方が安心かつ安く準備ができますが、忘れてしまってもフィリピン現地で購入することも可能です。

フィリピンで日本の電化製品を使う場合の注意点

日本製の電化製品を、フィリピンで使用するとき注意することをお伝えします。

コンセントが抜けやすい

フィリピンのコンセントは、すぐにプラグが抜けることが多いです。

海外対応でも火花が出ることも

海外に対応している電化製品でも、プラグをさすと火花がでることがあります。これはプラグをさしたときに一時的に高い電圧の電流が流れるからです。

使用をつづけることもできますが、故障することがあります。使用をやめるか、変圧器を利用するほうがよいかもしれません。

フィリピンは停電が多いので注意

フィリピンは停電が多いです。万が一、停電をしたら充電中の機器のプラグをコンセントからはずすことが大切です。

停電が復旧したときに、一時的に高い電圧の電流が流れるため、充電中の機器が故障することがあります。

いつ停電がおこるかわからないので、外出する時も必ず充電器は取り外すようにしましょう。

ドライヤーは現地購入がおすすめ

日本製のドライヤーは海外で使えません。使用するワット数が高いため専用の変圧器を利用する必要があり、持っていく場合は重い変圧器になるのでおすすめしません。

また、海外に対応しているドライヤーでも故障することは多くあります。

ドライヤーはフィリピンだと安いもので300ペソ(約750円)ほどで購入できるので、現地で買った方が荷物も減らせておすすめです。

同様に使用ワット数の高い、ヘアアイロンを使いたい人も、1000ペソ(約2500円)ほどですので現地で買うほうがおすすめです。

語学学校によっては、無料でレンタルをしているところもありますので事前に確認してみましょう。

フィリピンの語学学校のプラグは?

留学のときは、学校のプラグの形が気になるところです。日系の学校は、ほぼAタイプのコンセントなので問題はありません。

また、韓国系やその他の学校でもほぼAタイプのコンセントです。そのためプラグの形状はあまり気にしなくて大丈夫です。

まとめ

フィリピンの電圧についてお伝えしました。留学のときに現地に持っていきたい電化製品はたくさんあると思います。

事前に電圧の違いを知っておけば現地で電化製品が使えない、故障してしまうなどのトラブルをさけられます。

  • フィリピンと日本のコンセントの形は違うが、日本のAタイプはほぼ使える
  • 日本の電圧は100ボルト、フィリピンの電圧は220ボルトなので日本製の電化製品はフィリピンだと使えない
  • 海外に対応している電化製品は使えるが、故障することもあるので変圧器を使うとよい
  • ドライヤーやヘアアイロンなど、使用ワット数が高い製品は現地調達がよい
  • 学校のコンセントはほぼAタイプで、日本製品が使えないということはない

ぜひこの記事を参考にして、留学の準備をしてみてください。

フィリピン留学ネットでは、語学学校の設備についてなど様々な疑問にもお答えしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

\ オーストラリア留学について /まずはお気軽にご相談ください
オーストラリア留学.netはオーストラリア留学・ワーホリのみ専門にサポートしている留学サポート機関です。
オーストラリア各都市への短期・長期留学、ワーホリ渡航、(学生・ワーホリ)ビザ申請サポート、ホームステイ手配、銀行口座開設、お仕事サポートなどの渡航前サポートから現地サポートまで一貫して無料手配いたします。

月〜金 10:00〜18:00(水曜定休)
豪政府登録カウンセラーがお電話でご相談承ります
水曜日定休日(土日祝休み)

キャンペーン

無料留学相談
お問い合わせはお気軽に