フィリピン留学、オーストラリア2カ国留学専門エージェント
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
LINEで無料留学相談
お電話で無料留学相談
LINEで無料留学相談

【フィリピンの天候】留学前に要チェック!留学に最適な時期とは?

フィリピンといえば南国で暖かいイメージをもつ人が多いのではないでしょうか?

日本と比べるとフィリピンは赤道に近く熱帯気候が特徴です。また、雨季乾季があり、時期によって気温や天候が大きく左右されます。

日本とは異なるフィリピンの気候を知り、留学のときに過ごしやすい時期をチェックしましょう。

この記事ではフィリピンの特徴的な気候と留学に適した時期についてご紹介します。

フィリピンの気温と気候

フィリピンは1年を通して暖かい熱帯気候です。

1年の平均気候は26℃~27℃と日本(東京)で6月~8月ごろにあたるので、フィリピン人は1年中半袖、半ズボンの人が多いです。

大きく雨季と乾季にわかれていますが、地域によって差があります。

事前に留学地の気候を調べておきましょう。

フィリピンの雨季

フィリピンの雨季は6月~10月ごろにあたります。日本の梅雨とは異なり期間が少し長いです。

南国特有のスコール(一時的な大雨)が多く、土砂降りになったかと思えばすぐにカラッと晴れたり雨が上がったりすぐに変化します。

すぐに雨が上がるため、日本よりも湿度は低くジメジメ感は長くは続かないので過ごしやすいです。

雨が降ったあとは少し肌寒く感じることもあります。

フィリピンの乾季

乾季は11月~5月ごろにあたります。乾燥した日が続き乾季の時期は30°越えに気温になります。

雨季よりは暑い気温になりますが、日本の真夏よりは過ごしやすいでしょう。

乾季の中でも11月~2月は湿度が低く、クールドライと呼ばれ、フィリピンでは1番過ごしやすい時期です。

3月~5月は1年で最も暑い時期でホットドライと呼ばれ、南国というイメージがぴったりな期間で海水浴やマリンスポーツにおすすめの時期でもあります。

フィリピンは台風が多い!?

日本も台風が多い国ですが、フィリピンは日本よりも台風の発生が多いです。

日本に来る台風はフィリピン近くで発生した台風が多いため、台風の通り道になっており影響を受けます。

年間20前後の台風が来るとされており、最も影響を受ける時期は日本の7月~9月の夏の時期です。

しかし、フィリピン内でも地形によって山に囲まれており台風の影響を受けにくい地域もあります。

留学時期を選ぶときに台風情報もチェックしておくといいでしょう。

セブは台風が少ない

地域によって台風の影響が異なるとお伝えしました。

最も台風の影響を受けやすいのはフィリピンの北側に位置する首都マニラやルソン島で、逆に南側のセブ島やダバオなどは台風の影響を受けにくいです。

また、セブ島は雨季と乾季の差や気温の変化も少ないことが、リゾート地としても留学地としても人気の理由の1つでしょう。

フィリピン留学におすすめのシーズン

フィリピン特有の気候や生活環境を体験することも留学生活の1つではないでしょうか。

留学の時期を選ぶとき気候もとても重要ですが、そのほかにも留学時期選びのポイントがあります。

ポイントを抑え、ご自身にあったシーズンを見つけましょう。

気候で選ぶなら3月から5月

年間を通して大きな気候変動がないフィリピンは比較的1年中いつ行ってもおすすめです。

その中でも特におすすめするとすれば乾季にあたる3月~5月です。

ホットドライと呼ばれる時期でカラッとしており、天気も良く過ごしやすい時期になります。

フィリピンの南国のイメージに合った暖かさを感じられる時期です。

授業料や渡航費で選ぶなら……

もう1つの選ぶポイントとしては留学費用です。

留学に行くときに必要な授業料や航空券を気にする人も少なくないでしょう。

日本の夏休みシーズンは留学に訪れる人が多いです。また、世界中から観光客も集まりやすいので航空券が高くなります。

それ以外の時期(4月~6月、10月~12月)は比較的航空券も安くなることが多いです。

また、学校によってはプロモーションがあり授業料が安くなるところもあります。

学校の留学情報についても随時チェックしましょう。

季節別のあると便利な持ち物

安心して留学生活を送る際に便利な持ち物も紹介します。

大きな気候変動はありませんが雨季や乾季、シチュエーションによって服装も異なりますので、フィリピン特有の気候に対応して安心して充実した留学生活を送りましょう。

雨季の留学は体調管理に注意

暖かい気温のフィリピンでは現地のフィリピン人は半袖、半ズボンスタイルをよく目にします。

しかし、雨季の時期は年間の中でも少し涼しくなりますので上から羽織れるものがあるといいでしょう。

また、南国特有のスコールの影響でいつ雨が降ってくるのかわからないのでレインコートがあると便利です。

スコールによって気温の変化があるので、体調管理には気をつけましょう。

乾季の留学は暑さに注意

乾季は年間の中でも気温が高くなる時期なので暑さに要注意です。

日本よりも日差しが強いのでサングラスや帽子があると紫外線対策になります。

季節に限らず注意したいのは

そして、雨季と乾季どちらにも共通するエアコン対策

気温が高い南国では、室内や交通機関ではクーラーがガンガンに効いており寒く感じることも多くあります。

急激な温度変化で体調を崩しやすいので雨季同様、上から羽織れるものがあるといいですね。

まとめ

フィリピンは日本と異なる気候事情があり、特に南国特有のスコール暑さ対策が必要です。

また人気の留学地であることから、時期によって費用も変わるためじっくり検討しましょう。

  • 雨季はスコールや台風の影響を受けやすいので、体調管理に気をつけて過ごす
  • 乾季は気温が高くなるので、暑さ・紫外線の対策を忘れずに
  • 費用を抑えたい人はオフシーズンで、航空券や学校のプロモーションを随時チェック
  • 南国特有のクーラー対策のために、羽織れる上着は持っていきましょう

フィリピンの中でもセブは、年間通して暖かい気候ですので比較的どの時期に行ってもおすすめです。

その中でもご自身に合ったプランを選び、安心して充実した留学生活を送りましょう。

一緒に読みたい:

【留学生活を寝込まず元気に過ごすために】フィリピンの水事情と飲料水の値段

日本と全く違う?留学前にフィリピンあるあるを知ろう!

\ オーストラリア留学について /まずはお気軽にご相談ください
オーストラリア留学.netはオーストラリア留学・ワーホリのみ専門にサポートしている留学サポート機関です。
オーストラリア各都市への短期・長期留学、ワーホリ渡航、(学生・ワーホリ)ビザ申請サポート、ホームステイ手配、銀行口座開設、お仕事サポートなどの渡航前サポートから現地サポートまで一貫して無料手配いたします。

月〜金 10:00〜18:00(水曜定休)
豪政府登録カウンセラーがお電話でご相談承ります
水曜日定休日(土日祝休み)

キャンペーン

無料留学相談
お問い合わせはお気軽に