フィリピン留学、オーストラリア2カ国留学専門エージェント
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
LINEで無料留学相談
お電話で無料留学相談
LINEで無料留学相談

【留学前に知りたい】日本と大違い!フィリピンのトイレ事情と注意点

フィリピン トイレ

国が変わればトイレ事情も大きく変わります

5つ星ホテルや新しいコンドミニアムではずいぶんきれいになっていますが、フィリピンの外出先のトイレは日本と比べると汚いです。そこで、フィリピンのトイレは具体的にどのようになっているか滞在前に知っておきたいという方も多いのではないでしょうか。事前にフィリピンのトイレ事情について知っていれば安心して利用できます。

そこでこの記事では、留学中に困らないようにフィリピンのトイレ事情と持っておくと便利なものをご紹介します。

トイレにトイレットペーパーは備えられていない

フィリピン トイレ ゴミ箱

日本では役場、公衆トイレ、スーパー、ショッピングモールなど、どこのトイレでもトイレットペーパーは個室内に設置してあります。しかしフィリピンではどこのトイレもトイレットペーパーがありません。

ときどきショッピングモールで手洗い場の横にトイレットペーパーが置いてあり、それを個室に持って入ることができるトイレもあります。しかし、かなりまれなので基本的にトイレットペーパーは持ち歩くのが必須です。

トイレットペーパーはトイレに流せない

フィリピン トイレ トイレットペーパー

フィリピンではトイレットペーパーは流してはいけません

これは、高級ホテルでも例外ではなく、「トイレットペーパーは流さないでください」と書いてあります。フィリピンのトイレは排水管が細く、水流も弱いです。そのため日本のトイレに比べて詰まりやすく下水処理環境も整っていないので、詰まってしまうと大変なことになります。

使用済みのトイレットペーパーは、トイレの横にあるボックス(汚物入れ)に捨てます。東南アジアではフィリピンに限らずトイレットペーパーは流せないことが多いです。

水の流し方はbyバケツ!?

ショッピングモールなどの施設ではコック式やボタンプッシュ式で流すことができます。しかし現地の人が使うようなトイレの場合、水はバケツの水で流します

トイレの横に水の入ったバケツが置いてあり、そこから水をすくってトイレの水を流します。フィリピンのバス停、ローカルなスーパーマーケット、公衆トイレ、一般家庭のトイレではこのバケツで流す方式が一般的です。

トイレの鍵が壊れていることも

フィリピン トイレ 鍵 扉

高級ホテルや、ショッピングモールでは鍵が壊れていることはほとんどありません。しかし、リゾート地の公衆トイレなどで鍵が壊れていることがあります。

このような場合は、手でドアを押さえ誰かが急に開けてしまわないよう工夫して利用すると良いでしょう。

トイレの床はビチャビチャ

トイレ 掃除

ローカルなトイレでは、床がビチャビチャになっていることが多いです。バケツを使って水を流すためどうしても床が濡れてしまいます。現地の人たちには、ビチャビチャなのは当たり前と感じているようですが、日本人には抵抗があるかもしれません。

フィリピン人では、トイレなので床が濡れているのは当たり前のようです。

びっくり!便座がありません。

フィリピンのトイレには便座がありません。日本だと蓋と便器の間に上げ下げできる便座がありますが、フィリピンでは便座がないです。そのため、直に便器を使わなければなりません。中腰で用を足すなど工夫をすると良いでしょう。

日本人には、肌が直接便座に触れることは抵抗があるかもしれません。使い捨ての便座シートも売っているのでのちに詳しくご紹介します。

フィリピンの知っておきたいトイレのあれこれ

フィリピン トイレ

ここまで、フィリピンのトイレ事情をご紹介してきました。日本と大きく違うためフィリピンにいく前に知っておくと良いトイレの呼び方や、持ち歩くと便利なグッズをご紹介します。

フィリピンのトイレの呼び方は「C.R」

フィリピン トイレ 入り口

フィリピンではトイレのことを「C.R」と呼びます。comfort roomの略で、読み方は英語で「スィーアール」です。Rの発音をしっかり舌を巻いて発音した方が伝わります。トイレは「toilet」「rest room」などの呼び方もありますが、フィリピンでは「C.R」が伝わりやすいです。

流せるティッシュやトイレットペーパーは必需品

画像転用元:Amazon

前述したように、フィリピンでトイレットペーパーが設置してあることは少ないです。そのため、トイレットペーパーは必需品です。トイレに流さないので、ポケットティッシュでも良いでしょう。

学校施設やオフィスでは机に芯をぬきつぶしたトイレットペーパーを置いておき、そのトイレットペーパーを持ってトイレに行くことが一般的です。お店やショッピングモールなど外出時は、カバンにトイレットペーパーやポケットティッシュを常備しておくことがおすすめです。

フィリピンではコンビニでもトイレットペーパーを1ロールから購入でき価格は1ロールで20ペソ(約45円)ほどです。中にはもともと芯のないトイレットペーパーもあり、こちらは持ち運びに便利でおすすめです。

使い捨ての便座カバー

便座が直接肌に触れる事に抵抗がある人には、使い捨ての便座カバーがおすすめです。
フィリピンのコンビニでも購入できます。不安な場合は、日本で購入して持参しても良いでしょう。

携帯型のウォシュレット

画像転用元:Amazon

フィリピンのトイレにはウォシュレットがないことが多いです。そのため、ウォシュレットを使いたい場合には携帯型のものがおすすめです。手で持てるコンパクトサイズで電動で簡単にウォシュレットを利用できます。フィリピンでは売っていない可能性があるので、携帯型ウォシュレットは日本で購入し持参することがおすすめです。

トレイには掃除のおばちゃまたちがペチャクチャ

公衆トイレの前には掃除のおばさんがいることがあります。彼女たちはよくおしゃべりをしていますが、利用客が出たあとに汚れていたら掃除をしてくれます。ショッピングモールなどでは、彼女たちからペーパーを買えたり、もらえたりする場合あります。

ペーパーを流せる、便座付き語学学校も

ここまでフィリピンのトイレ事情をお伝えしてきましたが、全てのトイレが汚いというわけではありません高級ホテルや日本食レストランなどきれいなトイレもあります。

最近では、学校の寮などでもトイレットペーパーを流すことができる学校も増えてきています。中には人気でなかなか予約がとれない学校もあるので、清潔な環境で学習に集中したい人は迷わず即決することがおすすめです。

ただし、日本と比べると水流は弱いため日本と同じような使い方をしていると詰まってしまうこともあるので、注意は必要です。

まとめ

フィリピンのトイレ事情についてお伝えしましたが、いかがでしょうか。生活する上で必須のトイレについて事前に少しでも知っておけば、安心して利用できるのではないでしょうか。

  • フィリピンのトイレはトイレットペーパーがないので持ち歩くこと
  • 水を流すときはバケツの水を使うタイプがあること
  • トイレットペーパーは水に流せない
  • 便座がないため、便座カバーの利用などの工夫が必要
  • 掃除のおばさんがいるトイレではトイレットペーパーをもらうこともできる
  • きれいなトイレやペーパーを流せる学校も増えてきている

フィリピン留学ネットでは、トイレットペーパー備え付き、便座つきの便器を取り入れた語学学校のご紹介も可能です。

「発展途上国への留学は少し不安」「なるべくきれいなキャンパスや学生寮がいい」という方はぜひお問い合わせボタンよりご相談ください。専任カウンセラーがご希望にあう語学学校を一緒にお探しますよ。

\ フィリピン留学について /まずはお気軽にご相談ください
フィリピン留学.netはフィリピン留学・オーストラリア2カ国留学を専門にサポートしている留学サポート機関です。
フィリピン各都市への短期・長期留学、オーストラリアへのワーホリ渡航、(学生・ワーホリ)ビザ申請サポート、ホームステイ手配、銀行口座開設、お仕事サポートなどの渡航前サポートから現地サポートまで一貫して無料手配いたします。

キャンペーン

無料留学相談
お問い合わせはお気軽に