フィリピン留学、オーストラリア2カ国留学専門エージェント
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
LINEで無料留学相談
お電話で無料留学相談
LINEで無料留学相談

【フィリピン留学のお金事情】フィリピンにお金を持っていく最適な方法

フィリピン留学を決めたら、現地で使うお金も用意しなければなりません。

初めて海外に行く人は、「海外の通貨ってどこで、どうやって用意できるの?」「現地で現金以外の支払い方法は使えるの?」など、お金に関する疑問がたくさんある人も多いのではないでしょうか。

現地に持っていくお金を用意する方法や現金以外の支払い方法がわかっていれば現地でお金がなくて困ったり、必要以上に現金を用意していかなくても良いので安心です。

そこでこの記事では、フィリピン留学のときにお金を持っていく最適な方法をご紹介します。

フィリピン留学にお金を持っていく方法

フィリピン留学に現地で使うお金を持っていく方法は、現金、クレジットカード、キャッシュパスポート、国際キャッシュカードの4種類です。ひとつずつご説明します。

現金で持っていく

シンプルな方法は、現金で持っていくことです。フィリピンの通貨はペソなので、両替が必要です。日本で両替するか、日本円を現地で両替するかどちらかです。ここで注意したいのが為替レートです。

為替レート

為替レートの変化によっては、日本で両替していくよりも現地で両替したほうがよかったということもあります。大きく変化することはすくないと思いますが気になる人は、到着後すぐ必要な分だけを日本で両替していき、残りは現地で両替する方法もあります。

小銭も必要

フィリピン留学中は、小銭を持っていた方がよい場面があります。タクシーやお店の人が細かいお釣りを用意していないことがあり、大きいお金で支払うとお釣りを全額受け取れないことがあります。

クレジットカード

続いて、クレジットカードを持っていく方法があります。こちらは日本でも馴染みがある人も多いと思います。

海外は日本よりもクレジットカード文化が浸透しています。日本では利用しないという人も、海外に行くときは持っていくことをおすすめします。

ブランドは「VISA」か「Mastercard」がおすすめです。JCBなど日本ブランドのクレジットカードだと海外では使えない場合もあります。

紛失しても、安心!?

クレジットカードのメリットは、仮に紛失してもカード会社に連絡をすることですぐに利用をとめることができるので損失を最小限におさえることができます。

また、先ほどご紹介した国際ブランドのカードであれば現地で再発行もできます。紛失にそなえて、年会費無料のカードを複数枚つくって持っていくのもおすすめです。

カードの発行に時間がかかることもあるので、留学を決めたらなるべく早めにつくっておくのがおすすめです。

キャッシュパスポート

https://pr.cashpassportjp.com/platinum-card/lp017.html より)

次に、キャッシュパスポートを利用する方法をご紹介します。

キャッシュパスポートとは?

「キャッシュパスポートって初めてきいた! 」という人もいるかと思います。キャッシュパスポートとは海外で使えるトラベルプリペイドカードです。

事前に入金をしておき利用します。

キャッシュパスポートのメリット

  • 紛失しても損失がすくなく、スペアのカードも1枚ついてくる
  • 年齢制限がない
  • クレジットカードとちがい使いすぎない
  • 200以上の国が対応しており、ほぼ全ての国で使える
  • Mastercard対応のATMから現金を引き出せる

キャッシュパスポートのデメリット

  • 残高の払いもどし手数料がかかる
  • 1年間利用がないと、管理手数料がかかる
  • 日本国内では使えない

キャッシュパスポートへの入金方法

  1. ネットバンキングの口座から入金
  2. 日本の金融機関の窓口やATMから家族などに入金してもらう(※委任状が必要)

クレジットカードでのお金の管理に不安がある人や、クレジットカードを作れない年齢のお子様の留学を考えている人におすすめです。

国際キャッシュカード

最後に国際キャッシュカードです。最大のメリットは現地のATMで現地の通貨を引き出せることです。

海外はクレジットカード文化が浸透しているとはいえ、お店によっては現金しか利用できないこともあります。

しかし大金を持ち歩くのもリスクが高いため、現金が足りなくなった場合に追加で用意できる国際キャッシュカードがあると安心です。とくに長期滞在の人は日本で口座をつくっておき少額でも入金しておくといざというとき役に立ちます。

ただし、滞在先の近くに利用可能なATMがあるとは限らないので注意が必要です。

留学で現金を持っていくベストな方法

ここまで4つの方法をご紹介しましたが、「いろいろあるのはわかったけど、結局ベストな方法はどれ!?」と思ってしまいますよね。

ポイントは分散!

結論からいうと、「分散する」です。それぞれの方法にメリットとデメリットがあるため、一つの方法で用意すると紛失や不足というリスクが高くなります。

現金とクレジットカード、現金とキャッシュパスポート、現金、クレジットカードと国際キャッシュカードなど、複数の方法で持っていきリスクを低くすることが大切です。

また、お財布も分けるのがおすすめです。一つのお財布に全てのカードや現金が入っているとそのお財布をとられたり紛失したとき、全てのお金を失ってしまいます。

ぜひお財布も分散させましょう。

まとめ

フィリピン留学にお金を持っていく方法についてご紹介しました。それぞれの方法のメリットとデメリットを理解して、自分が管理しやすい方法で分散して用意すると安心です。

  • お金を持っていく方法は、「現金」「クレジットカード」「キャッシュパスポート」「国際キャッシュカード」
  • 現金は為替や盗難に注意。小銭があるとお店にお釣りがないときも安心
  • クレジットカードはVISAかMastercard、紛失時のリスクが低いが使いすぎに注意
  • キャッシュパスポートは、入金が必要だが使いすぎが防げて紛失時の損失もすくない
  • 国際キャッシュカードは、現地通貨を引き出せるが対応ATMが近くにないこともある
  • お金はひとつの方法ではなく、複数の方法で持っていくとリスクを抑えられる

現地で、「お金が足りなくなった!」というトラブルをさけるためにも事前にしっかり考えて用意しておけば、留学をお金の心配をせず思いっきり楽しむことができます。フィリピン留学ネットでは、このほかにも現地で役立つ情報を随時更新しています。あわせてご利用ください。

あわせて読みたい

【フィリピンの物価はホントに安い?】日本人にとって安いモノもあれば、そうでないモノも?!

留学中にお金が足りない!?フィリピンのATMを使ってお金を引き出す方法

\ オーストラリア留学について /まずはお気軽にご相談ください
オーストラリア留学.netはオーストラリア留学・ワーホリのみ専門にサポートしている留学サポート機関です。
オーストラリア各都市への短期・長期留学、ワーホリ渡航、(学生・ワーホリ)ビザ申請サポート、ホームステイ手配、銀行口座開設、お仕事サポートなどの渡航前サポートから現地サポートまで一貫して無料手配いたします。

月〜金 10:00〜18:00(水曜定休)
豪政府登録カウンセラーがお電話でご相談承ります
水曜日定休日(土日祝休み)

キャンペーン

無料留学相談
お問い合わせはお気軽に